転職・キャリア・求人情報


by hr-info

カテゴリ:コーチング( 1 )

グレムリンが現れたら

あなたが、もし何か大胆な事や、現状を変えようとしたときに、
周囲の声が邪魔することがあります。

もう一つの障害は、あなたの内なる声です。
「失敗するに決まってる。」
「別に、今のままでも十分じゃないか」

このような自分の内側に潜んで、変化を阻止する声をグレムリンと呼びます。グレムリンは、あなたが一歩を踏み出そうとしているのを、過去の失敗や、可能性を否定したりして、引きとめようとします。

グレムリンは、危険に対しての信号でもあります。
実際に、馬鹿げた行動をする際に、戒めてくれることもあります。

問題は、リスクをとって変化を起そうとしたとき、決まって現れるのです。

大事なのは、グレムリンの声を注意深く聴くことです。
グレムリンの言うことは、どういうことだろうか?
グレムリンの言うことは自分にとって正しいのか?
といった具合です。

例えば、現在の職を捨てて、新しく転職を考えた時、グレムリンはこういうかもしれません。
「それは、リスクが高すぎる。」
「独立するには、もっと強い人間にならなくてはいけない。」
「僕はなんて馬鹿げたことを考えているんだろう。」
「今は、ちょっと自信がないから、そのうちやろう・・」

新しいものへ挑戦して、未知の世界に飛び込むよりも、現状のほうが心地よい為に
グレムリンが、今の状況を維持しようと抵抗しているのです。
グレムリンは変化を嫌うのです。

もう一度言いますが、
グレムリンは悪い面だけはありません。 危険を回避してくれる事もあるのです。
問題は、変化を起そうとすると、必ず現れるという事です。


「あ!、今グレムリンが現れているな。 よし、何を言っているのだろうか。」
「明日になったらやる!と思ったけれど、何故明日なのだろうか?」
「それは今日できないのだろうか?」
「もしも、可能ならば何をしたら良いのだろうか? 障害になっているものは?」
などと、グレムリンの声を客観的に聞き、
自身に対して様々な角度から質問を投げかけてみることです。



少しでも、皆様のキャリア転職に参考になりましたら
クリックお願いします

[PR]
by hr-info | 2005-12-25 12:17 | コーチング